カ―レースへの心構え

レースモードでエンジンの轟音を感じ- ご自分のバイクの能力を究極まで引き出すこと! スタートラインからチェッカーフラッグまでFactory Line 製品で最高のライディングパフォーマンスを体験すること。 ご自分のマシーンに相応しく、感覚は高まります: アドレナリン、スリルそして、自信。 限界に挑戦しましょう。 情熱をもって!

ESTER Core® テクノロジー

数十年にわたり、MOTULは、自社独自のユニークなタイプのエステルテクノロジーの開発によりオートバイの潤滑油の性能を一貫して改善してきた結果、最新の成果として新製品を発売することとなりました: それがESTER Core® テクノロジーです。

ESTER Core® テクノロジー:

このテクノロジーは、厳選されたエステル
と最適な選択による最高品質の合成基
油を革新的な添加剤パッケージを使用し
て組み合わせたものです。 これにより、
MOTULは新世代の高性能レース用
オートバイの潤滑油の開発が可能にな
り、ひいてはすべてのOEM推奨仕様
を充たす標準潤滑油のための技術的
ソリューションをご提供できることと
なりました。

ESTER Core® テクノロジーは以下を保証します:

  • 馬力の向上 - 内部摩擦の低減
  • 信頼性 - 高温耐性と油圧の安定性
  • 優れたギア保護性能 - 油膜の最大粘着性を得るための最適化された極性
  • 最小潤滑剤消費量- 低揮発性合成基油を特別仕様で調製

最大+ 2.5 HP

最新 300V 対 競合他社製品: 最大+ 2.5 HP。 FACTORY LINE 5W30 対競合他社製品 Suzuki GSX-R 100cc 。

+2.5 % TORQUE INCREASE

+2.5 % のトルク増加。 Suzuki RM-Z450s MX1エンジンに対して行われたテスト。

変速機保護

FZG ギア試験 (ASTM D5182):
潤滑油のスカッフィング負荷用量の評価。

FZG(ミュンヘン工科大学のギアとドライブメカニズムの研究のための技術研究所)試験では、流体潤滑能力とギアの負荷設定接触面での摩耗保護特性を評価します。
ギアは90℃(194°F)で安定化された流体温度により15分間隔で12段階のプログレッシブ負荷ステージを通して1450 rpmで駆動されます。

追加のパフォーマンスを得るために、714.2 Nmのトルクで最大14ステージまでの拡張段階でチェックされました。 ギアの歯車は、スカッフイイングのそれぞれの負荷ステージ後ピニオンの傷を検出するために、視認検査が行われます。 潤滑油は、その後、検査機関の「ロードステージ不合格」もしくは、FLS 1(極度の成績不良)からFLS 14(成績優秀)までのFLS格付けに基づき等級分けされます。

この試験では、 
変速機の信頼性の基本となる歯車間に十分な潤滑膜厚が行き渡っているか否かをチェックします。