Choose a country or region to display content specific to your geographic position

不可能へ挑む

世界一過酷といわれるダカールラリーのマラソンステージ
全ての選手が孤立無援で戦う

Read more

ホアン・バレダ選手は、ハンドルバーが2箇所も故障するアクシデントに見舞われた。優れたライダーなら誰しも壊れたハンドルを何とかするだろう。しかし、バレダ選手は故障に対処しながら、道を前へと走り続け最大のライバルを引き離したのだ。
幸運に恵まれただけではない。この業績はMOTULの信条としてラリーの歴史に刻まれた。「他者が立ち止まる所でこそ突き進め」

Cookies Text Learn More