私達の伝統

A PASSION FOR INVENTION

        

A PASSION FOR INVENTION

鋼鉄の精錬が始まると、パフォーマンスの要件が劇的に増加しました。いたるところに生まれた蒸気機関と工場の時代からその先へ進化して行ったように、オイルが必須のものとなるにつれMOTULは更なる躍進をして行きました。

MOTULが1853年に初めて事業を起こした頃、エンジニアリングの限界はなくなりつつありました。産業革命が世界を揺るがすと、MOTULは卓越した革新に注力することでチャンスを掴みました。製造プロセスの段階を綿密に検討し、自動車の発展のビジョンを描き、 MOTULは単に目的に適したオイルの開発を目指すだけでなく、各製造段階で得られた知識を強化し、それを独創的な革新とともに究極の可能性のために活用することを目指しました。  

MOTULはたゆまず発明の権利を行使し、サプライヤー、クライアントに対して、その最高を追求する情熱を革新という形で表現しました。最初のペンシルバニアの油井掘削機に始まり最新の自社ブランドの研究所まで、改善への探求が展開され、MOTULが日々変革を重ねて行く原動力となりました。1966年は Century 2100を製造・発売し、半合成潤滑油の登場が自動車業界における高性能への次の刺激として拍手喝采で迎えられたことで、MOTULの発明追及のホールマークイヤーとなりました。 レース300勝を達成し、かつ半合成技術の先駆者だからこそ、MOTULは1971年、世界市場初の完全合成オイルである300V製品の誕生を実現できたのです。 今日の技術を取り入れ、300V はモータースポーツにおける標準として認められるようになりました。  
自動車関連事業と並行して、MotulTechは1989年以来、金属加工業用高性能フルードおよび潤滑用製品を開発し、成長を続ける世界の工業界からの高度な要求に応えてきました。

情熱は工学を愛する者たちと自身の機械を一体化させるもので、MOTULは同じ情熱を革新に注ぎ込みます。MOTULとそのコミュニティープロフェッショナルの間に確立した創造力の繋がりは、達成不可能なことを達成するため、一般的な基準を超えて邁進するため、そして持続性のあるパフォーマンスを根本から築き上げるため の最大の鍵です。

顧客プロジェクトの支援は、他の誰もまねできないMOTULと顧客との約束です。ターンキーソリューション(すぐに使えるようなカスタマイズされたソリューション)は 素晴らしく完結していますが、最適化された答えはより良いものです。MOTULの情熱は、境界線を破壊し真の芸術性を創造します。その芸術性とは、知恵と経験の融合のみによって創造され得る、決して途切れることのない、常に進化するものです。

私達の伝統
Cookies Text Learn More