持続可能な発展

責任ある製品調合

Motulは長年にわたり、製品の調合の段階と特定の市場におけるクライアントの廃棄物管理に利用できる方法の双方においてその事業活動の環境面に関する懸念を持っております。  

技術開発チームは、調合と使用において同等の機能を保ちつつ時には寄り高性能な環境に優しい製品の開発により真摯な対応をしています。

このように、MOTULがそのスペシャリストであるエステル基油におけるように、再生可能な植物給源からの材料調達を志向しています。もしくは、パッケージングのためのリサイクルやリサイクル可能な材料も然りです。

エコ燃料処方の開発のおかげで、燃料の削減を促進することができ、排出量は新しい排気ガス後処理技術と潤滑油の互換性で排気ガス排出量を減少させます。 また、100%生分解性潤滑油で汚染のリスクを消滅させることができ、チェーンソーチェーンへのグリースの場合、もしくは2ストロークエンジン用の生分解性潤滑油により汚染リスクの減少を目指します。
 
1990年半ば以来ドイツでは「'Grüne Dach」によって、また、フランスでは、「Eco Service」によって、Motulは、クライアントの活動からもたらされるすべての廃棄物の管理を移譲する可能性を呼びかけてきました。
クライアントに代わって、添加剤の回収および、処理のそれぞれの行政上および、法規制上の手続きをすることによって、Motulは、クライアントの法的義務の履行を保証することでクライアントの中核的関心事への専念を可能にしました。
 

IBIOLAB : 環境保護促進欧州プログラム(A EUROPEAN PROGRAMME PROMOTING THE ENVIRONMENT)

2007年には、MOTUL Techは欧州7カ国から22のパートナーをグループ化する欧州プロジェクトIbiolabに参加しました。

このコンソーシアムは、欧州エコラベルの基準を満たす優れた性能を持つ新しいハイテク製剤の開発につながっています。 再生可能な原材料から製造されるこれらの製剤は、環境と人間の健康のため生分解性および非毒性です。

Ibiolabプロジェクトには、主に2つの目標があります:

- 新技術を開発することにより、バイオ潤滑油の性能を向上させコストを削減します。
- ヨーロッパのエコラベルを取得することにより、バイオ潤滑油の使用を推進。 エコラベルの資格を得るために、製品は、環境と人間の健康のために安全でなければならずかつ、従来品と同等の性能を示さなければなりません。

このIbiolabプログラムは、2009年7月の会議での結果終了しました。 MOTULテックが、その研究、及び持続可能な開発のための最新ソリューションの結果を発表しました。
 

環境保証

MOTULは、長年にわたって国際認証を取得するため品質マネジメントシステムが認められるよう努力してきました。

2014年6月には、MOTULの生産拠点は、環境マネジメント、環境マネジメントシステムのための基準を設定するためのISO14001国際認証を取得しました。 この計画の下では、これは環境への影響が測定され改善されていることへの企業経営陣、従業員および、株主への保証となります。 

この認証を取得することは、単にMOTULによって結果としてまた、集団的努力と個々の責任の双方のすべての関与の成果として日常業務の確認でしかありません。