Motulが「MV AGUSTA F4Z Special Presentation」に出展

30.05.2017

MV AGUSTAとイタリアの名門カロッツェリアである"ZAGATO"のコラボレーションにより生まれた、世界で一台のワンオフモデルバイク「MV AGUSTA F4Z」の日本上陸を記念し、MV AGUSTA JAPANは、CoSTUME NATIONAL青山旗艦店イベントホールにて期間限定展示会を開催しております。

MV AGUSTAとMotulは、日本を含む世界各国においてグローバルパートナーシップを締結し、両者の結びつきを強めてまいりました。このパートナーシップにより、Motul製品は「F4Z」はもちろんのこと、MV AGUSTAの全ての車両へ使用されております。またレーシング活動のサポートや、生産工場で使用する工業油の開発、供給も行っております。

今回の展示会にあわせMotulは、MV AGUSTAに依頼しBrutale 800をベースに制作された世界で一台のコンセプトバイク「Motul Onirika 2853」を用意、日本初展示を行うこととなりました。「onirique(仏語、夢心地の意味)」の名を冠したこのバイクは、MOTULの設立から1000年後の未来を予感させています。ファンタジーな称号とは裏腹に、いつものMV AGUSTAとは一線を画したダークカラーでハードな印象のバイクに仕上がっています。タンクに取り付けられたMOTULロゴが一際目立つデザインとなっております。

おしゃれなカフェや閑静な住宅が立ち並ぶ南青山の一角にたたずむ、ガラス張りのホールでの展示となった今回のMotulブースは、これまでのレーシングなMotulとは趣を変えた空間を造り出しています。新しい試みをぜひご覧いただきたく、お近くにお立ち寄りの際はぜひ展示ホールへ足をお運びいただけますと幸いです。

【MV AGUSTA F4Z Special Presentation】

■展示期間:
2017年5月26日(金)~ 2017年7月31日(月)

■場所:
CoSTUME NATIONAL LAB
東京都港区南青山5-4-30

■メディア露出
・レスポンス
https://response.jp/article/2017/05/26/295309.html