ダカールラリーの公式潤滑油パートナーに

22.03.2017

山岳地帯と低標高地域の大きな気温差、高低差に彩られた13日間、9,000kmに及ぶ道なき道、固唾を飲んで見守る190カ国460万人の視聴者、全世界から集まった100を超えるチーム、自動車、バイク、クワッド、トラック。ダカールラリーは言わずと知れた世界で最も過酷かつ盛大なモータースポーツイベントの1つです。

3月22日にパリで行われたオフィシャルプレスカンファレンスにて、Motulが2018年に40周年を迎えるダカールラリーの公式潤滑油パートナーとなったことが発表されました。

Motul は今年1月に行われたダカールラリー2017においても、T2クラスでトヨタ車体、SSVクラスでポラリス・エクストリームプラスというファクトリーチームとともに2つのクラス優勝を果たしました。こうした成功は、1989年バイク部門でMotulカラーが施されたホンダファクトリーレーシングチームが成し遂げた優勝から今まで脈々と続いていており、無論、ホンダファクトリーレーシングチームへのサポートも継続しています。

Motulはラリー主催者と長きに亘り協議を重ね、2018年のダカールラリーの魅力を一人でも多くのファンにお届けできるプランを策定してきました。このプランは数ヵ月後にお披露目される予定ですが、多くのダカールファンと出場チームを魅了できるものと考えています。また、各出場チームは、ダカールラリーを含む過酷なモータースポーツの現場にて開発され、さらにその信頼性が証明されてきたMotulの二輪用、四輪用の300V製品ラインナップを使用することで、エンジン性能の向上というメリットも得られることと確信しています。

さらに、当該レース開催期間中、出場者は各ビバーク(宿営地)にて、MotoGPやWSBK、ルマン24時間レースなどダカールと同じく世界最高峰のレース現場で活躍するMotulのモータースポーツ技術チームから技術的なアドバイス等を得ることもできるようになる予定です。

世界最高峰のレースで得られた技術、経験から生み出されたオイル、その性能と信頼性を世界最高峰のレース現場で証明するだけでなく、さらにその上をいくオイルの開発へと繋げる。Motulは常に歩み続けます。

【日本国内におけるお問合せ先】

テクノイル・ジャポンK.K. (MOTUL製品総輸入販売元) 

プロダクト&マーケティング本部

TEL: 0466-89-0371