MOTULがPiaggio Group Japan純正オイルの公式代替オイルに

30.09.2015

フランスに本拠を置くMOTUL/モチュール(日本総輸入販売元:テクノイル・ジャポンK.K. 本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:清水正喜)は、先月より同社製オイルがPiaggio Group Japanの既存純正オイルの公式な代替オイルに選定されましたことを発表致します。

MOTULは、MotoGP™においてAprilia Racingとの技術提携をはじめ、Piaggio Groupと深い信頼関係を築いており、その品質および親和性は、Piaggio 全グループ (Piaggio、Aprilia、Moto Guzzi、Vespa)に認知されておりました。一方、Piaggio Groupの既存の純正オイルが日本国内において供給不安を抱えており、それを解消するためMOTULがPiaggio Group Japanより公式に代替オイルへと選ばれました。

従来、Piaggio Groupの保証期間内のエンジントラブルにおいては、純正オイル以外を使用している車両は保証対象外となっておりましたが、今後、MOTUL製オイルを正しく使用した上で発生したトラブルに対しては、メーカー保証が継承されることとなります。

なお、各車種別の推奨オイル(エンジンオイル、ミッションオイル、ファイナルギアオイル)の一覧を、全国のPiaggio Group車輌取扱店舗に配布致しておりますが、その他MOTULオイルに関するお問合せは、下記の問い合わせ窓口にご連絡下さい。

テクノイル・ジャポン株式会社 広報部
電話番号:0466-89-0371 FAX番号:0466-88-6801